ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸は、1934年にアメリカの大学教授カールマイヤー博士たちによって牛の目の硝子体から発見されました。 ヒアルロン酸は、硝子体を表す「ヒアロイド」と多糖体の構造単位である「ウロン酸」をもとにして名づけられたのです。

 

ヒアルロン酸は、アミノ酸の種類であるムコ多糖で、炭素や水素、酸素、窒素で構成されています。 ヒアルロン酸はアミノ酸と基本構造は同じなので、分子量の大きい糖類で、分子量の大きい糖類は体内に残りやすくなります。 ですが、肌の表面からは分子量が大きいので吸収されにくいです。

 

ヒアルロン酸を体内に取り入れるのであれば、化粧品などのように肌表面から吸収するのではなく、美容整形等で、直接体内に注射などで注入するのがおすすめです。

 

ヒアルロン酸の効果として期待できるのはやっぱり「保水力」です。 ヒアルロン酸は、皮膚をはじめとして体内の中で水分の多い場所にあるのです。 特に真皮の部分に多く含まれていて、加齢によって真皮にあるヒアルロン酸が減少してしまうと肌水分が十分に保てくなくなってしまい、しわやたるみ、乾燥肌等になってしまうのです。

 

ヒアルロン酸は、皮膚以外でも、関節液や眼球、血管などにも含まれていて、潤滑作用や動脈硬化の予防などもしているのです。